top of page

Spring scent

春の合図のにおいがする。 春がきたようです。 こんにちは。 お天気のいい日が続きます。三寒四温という言葉を作った人は天才です。 ほんとうにそんなふうです。

さて、<春のにおい>が数日前から始まりました。 「春がきたなあ。」「Spring has come!」と感じるタイミングや事柄は、人によって違いますよね。 例えば、「オオイヌノフグリが咲いた。」「フキノトウが出てきた。」「外で歩いている虫を見た。」などなど…。 春を視覚で感じることもいっぱいありますが、わたし的、春の判定は、「春のにおい」です。 このにおいが漂い始めると、「ああ、春だな。」と思います。 このにおいは、なんなのでしょう。これは、日本中でするのでしょうか。 いや、きっとその土地土地の春のにおいは違うはずです。 この甘くて優しくてかわいいにおいは、この地だけのもの。雪解けとともに訪れるこのにおいは、このあたりに生きる木の芽や、花芽や、土が動き出した証拠。 そして、日本中に溢れる春のにおいは、そこだけの特別なものだと思います。 なので、それぞれ思いっきり吸い込んでみましょう。

さて、また話が長くなりました。

2022年のガーデンオープンがあと一か月ちょっとに迫りました。 4/16(土)にオープンとなります。 雪がひとまず解けてきた(まだ降るでしょう。)ガーデンには、チューリップの芽が出ていました。

チューリップの開花に想いを馳せながら、昨年と一昨年のチューリップ写真を見ていました。

2020.4.27 アロマガーデン


2021.4.24 大ガゼボ


2020.4.27 メドゥガーデン


2020.5.8 シーズンガーデン


2021.5.3 ボーダーガーデン

チューリップも、THE春の象徴。 春にふさわしくかわいらしいフォルムに、「チューリップ」という、きわめてキュート&ポップな名前の持ち主です。ナイスネーミング。

さて、ラ・カスタ ナチュラル ヒーリングガーデンは、10のテーマガーデンで構成されております。 今日は、その中でロックガーデンの春を少しご紹介いたします。 ロックガーデンは、春がとってもおすすめのエリアです。


2021.4.16 ロックガーデンには、原種のチューリップがよく似合います。 品種名はクルシアナ・クリサンサ。


2021.5.14 ロックガーデンを流れる小川のほとりに毎年植栽している、プリムラ・ビアリー。 赤い蕾は開くとピンク色になりますので、下からピンクが増えていきます。


2021.5.25 インカルビレアが真っ白な花を咲かせています。 このような大きめの花が咲くと、「咲いた!」感があっていいですよね。


2021.4.19 大きな多肉植物はアガベです。 ガーデンのアガベは冬に掘り上げています。 すごいスピードで成長し、掘り上げが大変になってきました。 でも、春から秋まで、どっしりと目立ちつつ、他の優しい草花たちを引き立ててもくれます。 ピンクの花はアルメリア。


2021.5.14 クリーム色の花はセントレア・チェイランティフォリア。 ロックガーデンは、珍しいお花の宝庫です。 毎年珍しい植物を選び、ナーセリーで種まきしてもらっています。

ロックガーデンの中の園路を歩き、小川のせせらぎを聴きながら、岩間に咲く小さな花や、個性的な植物をじっくりご覧くださいませ。 力強い岩組がなんといっても素晴らしいエリアです。


今は、まだこんな感じ。

春のにおいが始まりまして、庭仕事も本格的に始まります。 あれもこれもやらなきゃ、と急にせわしなく庭の事を考える季節ですね。

では、あと一か月、みなさまとお会いできますのを楽しみにしております。





Commentaires


bottom of page