top of page

雪の日に

こんにちは。 すっかり冬ですね。 ここ北アルプスの麓でも、12月中旬にここまで雪が積もることは近年稀です。 まあ、例年通りとか、例年と比べて、とか、そういう言葉があまり意味をなさなくなってきましたけど。 なんだか、毎年どの季節も、なんだかおかしなことばかり起こります。

高速道路の立ち往生・・・、当事者の気持ちを考えると恐怖と不安だらけだったでしょうね。 本当に大変でしたね。 テレビを見ながら恐れおののきました。 急な降雪に備え、車の中に暖かい服や、食料を積んでおこうと決めました。 ですが、食べ物は、雪とか関係なく、すぐに食べる現象が発生してしまって、 補充がすぐに必要になってしまうという事が分かりました。 体重増加も命には代えられませんから、仕方ないです。

夜間に雪が降って、朝スッキリ晴れる。 こんなとっておきの条件は、ワンシーズンに数回あるかないか。 そんな素敵な日がもう来たので、ひたすら写真を撮りました。




モンスターも出現。 コニカの木にファニーに積もった雪に、葉っぱをつけたらモンスター。



ガーデンの門のチューリップたちに雪が積もると卵形になるんだなと、発見。

降り始めは14日でした。

秋の名残の枝や草を、少しずつ白く隠していきました。


雪がはげしく ふりつづける 雪はおのれを どうしたら 欺かないで 生きられるだろう それが もはや みずからの手に負えなくなってしまったかのように 雪ははげしく ふりつづける

吉野弘「雪の日に」より抜粋


皆様、暖かくしてお過ごしくださいませ。 そして、少し早いですが、メリークリスマス🎄!

Comments


bottom of page