top of page

見頃のエキナセア/ドライフラワーの衣替え 2023/7/10


こんにちは。

ラ・カスタ ガーデンのガーデナーです。

蒸し暑い今日この頃ですね。

ガーデナーたちは、口々に暑い暑いと言いながら植物に向き合っています。

みなさま、お元気にされていますか?


ガーデンは、ラ・カスタのシンボルフラワーのエキナセアが見頃を迎えています。

ブランドテーマ「植物の生命力と癒し」を象徴する花です。



こちらが、エキナセア・プルプレア。

ラ・カスタ製品に配合されている「ムラサキバレンギクエキス」は、この品種です。

意外と知られていませんが、甘い香りがしますので、ぜひ近づいて香りも楽しんでくださいね。



こちらは、エキナセア・パリダ ‘フラダンサー’。

名前の通り、フラダンスのスカートが揺れているよう。

表情のあるエキナセアです。



エキナセア・シムラータ。

こちらも、ひらひらと細い花弁が美しいです。


派手ではないですが、目を引く植物です。

ガーデンでいろいろなエキナセアを探してみてくださいね。



ガーデン内にあるファクトリーでは、ドライフラワーの装飾が見どころのひとつになっております。

いらした際はじっくりご覧いただけると嬉しいです。

グランドオープンした5月から、チューリップのドライフラワーを装飾していた吊り枝を衣替え。

夏らしく涼しげになりました。







アリウムは、今年の初夏にシーズンガーデンで咲いていたものです。

花が終わり、種になっても造形が美しいので、ドライフラワーとして楽しむことにしました。

カスミソウは、ナーセリーで先日収穫したもの。軽やかで優しい空間になりました。



涼し気な白のローダンセも、アロマバーに吊るしました。

ローダンセは、ガーデンに咲いていた時、とても多くのお客様に「この花は何ですか?」

と聞かれた、人気の植物です。

ドライフラワーになっても、愛らしさはそのまま。


こんな風に、植物のその時その時の美しさを知りながら、

ドライフラワーとして楽しむのも、良いものです。

蕾、花、花後すぐ、種、種が落ちた後…、

どのタイミングでドライフラワーにしようかと、考えるのも楽しいことです。



さあ、夏本場はもうすぐ。

植物とお待ちしております。







Comments


bottom of page