top of page

秋の装い 2023/9/18


こんにちは。ラ・カスタ ガーデンのガーデナーです。

まだまだ暑い日もありますが、風景は少しずつ黄みを帯びてきました。


しかし、本当に雨が降らない夏でした。

初秋の今も尚、ここ長野県大町市には雨がほぼ降りません。

水やりが好きなガーデナーも、いよいよ「もう水やりばかりでツカレタ。」と呟きを漏らしています。

天気予報や雨雲レーダーに裏切られることにもずいぶん馴れてしまった、しょんぼりのガーデナー達です。



さあ、ラ・カスタ ガーデンの様子です。


「秋」の文字が名前の中にある、「秋海棠(シュウカイドウ)」が咲いています。

古くから歌人や俳人に愛された植物で、趣があり美しいと感じます。



白樺林では、秋桜(コスモス)が咲き始めました。秋の桜というステキな名前をもらった花は、秋風に揺れやはり情緒的です。



シーズンガーデンでは、お盆過ぎに大規模に植え替えた草花たちが共演しています。

秋が深まるにつれ、陰影は濃くなり、ダイナミックな装いになります。



秋の装いは、ラ・カスタ ガーデン内のファクトリーの中にも。

ファクトリー2階は、植物研究から生まれたラ・カスタを表現する空間。

ラ・カスタ ナーセリーで栽培した草花のドライフラワーで演出しています。


ガーデンだけでなく、ファクトリーの中も季節ごとに装飾を取りかえています。

先日の休園日に秋の装いに衣替えいたしました。




ラ・カスタのブランドフラワーであるエキナセア。そしてアマランサスや、草の穂を吊り、

秋の装いに。






これが、7月から先日までの涼し気でおしゃれな装い。



暖かみのある上品な装いになりました。


そして、調香体験や、香りの体験ができるアロマバーの天井も、たくさんの草花をふんだんに入れ替えました。





数種類のひまわりや、ミレット、クラスペディア…

ナーセリーで採れた植物たちを、じっくりとご覧くださいね。





同じくファクトリー2階にある、「オリジンルーム」も入れ替え。


ここ大町市生まれのヘアケアブランド、「ラ・カスタ」の歴史、ラ・カスタ ガーデンのなりたちをみなさまに知っていただきたく設けた場所です。

創業者の机をイメージした展示、アンティークのキャビネットに並ぶ、わたしたちの「宝物」をじっくり見ていただき、ラ・カスタ知って、より愛していただけたら嬉しいです。






さて、秋風吹く気持ちの良い季節が、きっときっともうすぐやってきます。


植物たちとお待ちしております。










Comentários


bottom of page