top of page

植物の楽しさ 2024/5/19


こんにちは。

ラ・カスタ ガーデンのガーデナーです。

ここ最近、朝夕とても涼しい日が続いています。

強い風は吹きますが、初夏らしい爽やかな空気に、鳥たちも植物たちも気持ちよさそうです。

 

ラ・カスタ ガーデン内の、‘コニファーガーデン’というエリアは、葉色、樹形が様々な針葉樹で構成されているのですが、広葉樹であるハンカチノキがシンボルツリーとして植えられています。

今年は多くの花が咲き、白くひらひらと垂れ下がる「苞葉(ほうよう)」は、名前の由来であるハンカチのようです。

 

その苞葉がひらひらと落ちる風景はユニークで、お客様も楽しんでいるようです。



まだまだ枝に垂れ下がっています。



ハンカチの落とし物だらけです。



ハンカチの忘れ物。



針葉樹たちは意図せずにハンカチを付けていて、今しか見る事のできない、微笑ましい風景です。



コニファーガーデンで、もうひとつ。

今だけの楽しみがあります。

 

コロラドトウヒ‘ホプシー’の、新葉を守っていた茶色の帽子が取れる季節です。

新葉が展開する5月、茶色の帽子がポロリと取れて、柔らかくてフサフサした新葉が現れます。ぜひ触ってみてください。


若い葉を守るためにワックスがかかった、銀青色の新葉に魅了されるお客様はとても多く、

個人的には今の時期が見頃だと思っています。



新しい芽を守るための帽子や、ワックス。

植物ってすごいですね。






薔薇も咲き始めました。

5月上旬から咲くモッコウバラ。今、白モッコウが見頃です。

甘い甘い香りを漂わせて。


カフェの小屋につたって咲く、薔薇‘スパニッシュビューティー’も咲き始めました。


花の女王と謳われる薔薇。やはり魅了されてしまいますよね。


これからの季節、薔薇が続々開花しますので、お楽しみに!

 

 

他の植物たちの様子です。


シーズンガーデンでは、チューリップが咲き終わり、

アリウム、リナリア、キンギョソウ、ギリアなどの初夏の花が共演しています。



ポンドサイドガーデンでは、ビタミンカラーのハナビシソウが見頃。



クレマチス‘ネリーモーザ’。ヒドゥンガーデンにて。



ベニバナトチノキ。見上げて探してみてくださいね。



ヒメシャガ。白樺林にて。



プリムラ・ビアリー。ロックガーデンにて。

 

一部の植物しかご紹介できないのが残念です。

初夏のたくさんの植物に、ぜひ会いにお越しくださいませ。





植物たちとお待ちしております。

Comments


bottom of page