top of page

振り返れば春がいる

こんにちは。Kukkaです。 皆様、お元気ですか?季節は大寒。 一年で一番寒いと言われる時候です。

さて、昨年撮りためた写真の整理がやっと終わりました。 毎年、冬にやる仕事のひとつです。 自分で撮った写真を、バーッとひたすら見て、分けていくわけですが、 なにしろこの作業は、とても眠くなります。(眠ってはいません。) なぜならば、自分が撮影した写真ゆえ、驚くような写真は無いわけです。 それでも、美しいガーデンは、どこを切り取っても絵になるので、 撮影技術はそんなになくても大丈夫なのですっ!(って大きな声で言っていいのか?)

では、昨年2022年の春の振り返りです。

ピカピカの緑。

春だね。


うん、春が来たね。


美人チューリップさん。 Kukkaが選ぶ、昨年の美人チューリップ大賞。 優勝は、‘ミストレスミスティック’です。 シルバーパープルの花びらに、澄んだピンクのラインが入る品種。 ずっと眺めていたかった品種です。


シーズンガーデンのチューリップたち。 花壇のテーマは「情熱を秘めたクール&エレガント」でした。 赤いチューリップやキンギョソウが、秘めた情熱を現しているようなデザインです。


春の夕方シーズンガーデン、おすすめの時間。


このチューリップはおしゃれ大賞! オレンジ色に緑色のラインが入った、爽やかでキュートな、チューリップ。‘アーティスト’という品種です。 まわりに植えた草花が、細く優しいラインを描いています。


こちらは、ポンドサイドガーデンの花たち。 ビタミンカラーのハナビシソウ、ギリア、キンギョソウ、リナリア、チューリップ。 チューリップは、深い赤色に黄色の覆輪が入る‘ガボタ’という品種です。 根強い人気の品種、存在感があり、とってもおすすめです。


‘ガボタ’の存在感、いいでしょう?


こちらはボーダーガーデンのチューリップたち。 カラフルにお客様をお出迎え。 最近はっきりした色の組み合わせが好きになってきました。(歳のせい(・・?) 彩度の高い、赤、黄色、オレンジ、紫。 そこに、白やシルバーピンク色も加えました。 どれも「わたしはチューリップです。」という咲き方の、一重咲きを選びました。 定番の色形だけど、なんか普通じゃない、を目指した昨年のデザインでした。

春の芽吹きの萌黄色が引き立つ、紫や青みピンクを加えて。


これは、4月17日。 小ガゼボの横には、枝垂れ桜が咲いています。 足元の草花たち、やっと葉を伸ばしはじめていますね。


こちらは、シーズンガーデン横の大山桜。 4月25日の写真です。わたしは基本的に夕方が好きです。


流れて、岩のまわりに集まる桜の花びら。 春のはじまりと終わりを告げる花ですね。

さてさて、大寒ですが、例年よりも寒くない気がします。 雪もここはあまり降らず、雪道運転から逃れられるのは嬉しいのですが、ウィンタースポーツをする人達にとっては残念なことですよね。 でもどうやら、来週には寒波がくるそうです。

写真を見ながら、春を想います。 ポカポカした日差し、まだツンと冷たい空気、甘い香りが通り過ぎます。 今は息をひそめる植物達、また今年の春もよろしくね、と。






良い冬を。



Comments


bottom of page