top of page

ラ・カスタ ナーセリーから 2024/2/19


こんにちは。 ラ・カスタ ガーデンのガーデナーです。

なんだか、暖かい冬です。

信州ですので、寒いは寒いのですが、物足りない寒さで、最近では氷点下にならない朝もありました。


今日は、ラ・カスタ ナーセリー(自社農園)の様子をお届けいたします。



北アルプスの麓にあるナーセリーは、ガーデンから北西に10kmほどの距離なのですが、

気温も気候もずいぶん違います。

雪の少ない今年ではありますが、まだ一面銀世界です。

実はガーデンに植栽している草花のほとんどは、ナーセリーで種から育てたものです。

そして、ラ・カスタのブランドフラワーである「エキナセア」も、ラ・カスタ ナーセリーで農薬や化学肥料を使用せず栽培しています。

ほぼすべてのラ・カスタ製品に、このエキナセアエキス(表示名:ムラサキバレンギクエキス)は配合されています。 お買い求めの際は、成分表示から探してみてくださいね。







二棟あるビニールハウスの中では、草花の種まき、仮植、ポットアップ、という作業が冬の間も繰り返され、

ガーデナーによる植栽計画のもと、多くの品種がすくすくと育っています。







かわいい双葉がぞくぞくと。





発芽の喜びは特別です。

小さいけれど溢れる生命力たちがハウスに満ちています。



左が、リナリア。右が、ハナビシソウ。


どちらも初夏が見頃です。



リナリア‘フラメンコ’

赤と黄色の情熱的な色合い。香りも素敵なリナリアです。



ハナビシソウも、ラ・カスタ ガーデンの初夏を彩る主役。

今年もお楽しみに!

 

 

あっという間に2月下旬。

最近、外は優しく甘い、春の香りがしてきました。

近づいていますね。


2024年度のラ・カスタ ガーデンの開園日は4月中旬を予定しております。

今年も植物とお待ちしております。







Comments


bottom of page