こんにちは。
トンボが空を飛び交い、この辺りでも稲刈りがはじまります。
先日の中秋の名月はピカピカの黄金色。
しばらく眺めて、この世の美しさと不思議を感じたひとときでした。
心の中のお団子とススキを、名月に添えました。

さて、建物改装工事のため、8/30で2022年のガーデンは閉園しましたが、ガーデナーたちは相変わらずガーデン管理をしております。

お客様がいらっしゃらなくなっても、生きている植物達はお世話を必要としています。

そんな中、最近ガーデナーが口を揃えていう台詞。

「植物たちの表情が暗い。なんだかしょんぼりしている。」

不思議なんですけど、ガーデンにお客様がいらっしゃらなくなってから、
植物たちがしょんぼりとしたオーラを醸し出しはじめました。
花数が少ないとか、色が冴え冴えしないとか、成長しないとか、そういう物理的なことではないのです。
オーラが暗め、そんな感じです。

こういう事って、聞いたことはあるけれど、「ああ、本当なんだな」と思いました。
前に観た動画の中で、「毎日面倒を見ている畑を数日間留守にし、帰ってきたら畑がどよーーんとして、野菜たちがしょんぼりしていた。」
とその人は言っていて、「それ人間の思い込みじゃないのか?」と私は思ったのですが、
なんだか本当です。

人の手で種を採り、人の手で播き、人の手でお世話をし育て、人の手で植えた植物。
一度人の手を介したものは、植物からも人間とつながったのでしょうか。
きれいだね、かわいいね、魅力的だよ、ありがとう。
たくさんのお客様からの、そういう気持ちを受け取っていたのかもしれません。

さて、ガーデンの様子です。
ジニアが見頃です。
内側から発光するような美しい花色。バリエーションも豊富です。


 

秋明菊(シュウメイギク)見頃。

こちらも秋明菊。
黄色の王冠がかわいい。

綿花が、綿の実を付けました。
植物から、こんなモフモフができるなんて、
すごいな。

アスクレピアスはオレンジ色の花を塊でたくさん咲かせるのに、
どうして、一つの茎に鞘がひとつしかつかないのだろう。
今更ながら、花から結実するまでの過程を分かってないんだと気づきました。
来年は観察してみます。
この鞘には、ふわふわの綿毛が付いた種がぎっしり詰まっています。

夏の終わりから秋にかけて開花するイランイラン。
いつもなら、お客様に

「わー、イランイランってこういう花なんだー!初めてみた!」

と言ってもらえるはずの子。しょんぼり。

 

さて、ガーデンは閉園中ですが、ガーデン併設のコスメショップは仮設店舗にて営業しております。(水曜定休日)
例年なら、ガーデンの正門付近に秋の装飾を施すのですが、
今年は仮設店舗のまわりに装飾をし始めています。


かぼちゃを乗せた、寄せ植え制作中。


種から育てたかぼちゃをたくさん収穫しました。
今年は白いかぼちゃがたくさん実りました。
これから完成させていく秋の装飾。かぼちゃや寄せ植えもじっくりご覧くださいませ。
仮設店舗にてお待ちしております!