こんにちは。
今年はチューリップの開花が遅かったのですが、咲きだしたら止まりませんでした。
すっかり見頃になっております。春のアイドル祭りです。
ゴールデンウイークはチューリップが最高かと思います!!

昨日は雨降り。たくさん降りました。
また雨をぐんぐん吸って、晴れたらパーッと咲くでしょう。

 

シーズンガーデンのチューリップとオオヤマザクラのコラボレーションが美しかった一昨日。

昨日は雨を知らせる風が、花びらを散らせていました。
現在、園路や芝の上がピンクの絨毯になっています。

今年のシーズンガーデンのチューリップ、「クール&エレガント」がテーマです。
白いチューリップをふんだんに使い、紫、グリーン、大人ピンク、黒に近い色を混ぜたデザイン。
同じ白でも、シンプルな咲き方、花びらがギザギザだったり、八重咲きだったり。
そんな粋なこだわりまで楽しみ尽くしていただけたら本望です。

 

ポンドサイドガーデンのチューリップは「ガボタ」というバイカラーのチューリップが、おしゃれを演出しています。
毎年、ガーデナーの誰かしらが、植栽デザインでガボタについ手を出します。
それくらいみんなのお気に入りです。

桂の木の新緑とのコントラストも美しいです。
チューリップが終わったら、ハナビシソウが本気を出して咲き始め、ビタミンカラー溢れる初夏の花壇になります。

 

 

 

ボーダーガーデンは、いわゆる、「わたしはチューリップだよー。」という姿形を選び、色もわかりやすい色にしてみました。

彩度の高いチューリップの組み合わせは外国っぽくなると思っています。
イギリスとかオランダとか…。

咲き揃うのが楽しみです。

 

ぼうやと羊のまわりには、原種のチューリップ。
繊細に見えて、実は芝の中でも増える強い子です。

さてさて、なんてったってチューリップの今。
そして、芽吹きの柔らかい緑や、背丈の低いかわいらしいお花たちに会いにいらしてくださいませ。

ゴールデンウイークの良き日に、植物たちとお待ちしております。