こんにちは。

2021年のガーデン営業が11/9(火)をもって終了いたしました。
今年もご来園いただきまして誠にありがとうございました。

風が強く吹きました。
営業終了日まで我慢していたかのように、たくさんの落ち葉が堰を切ったように舞い落ちました。

風が強すぎて、落ち葉を集める作業も思うように進まず、
しばし、降り積もる落ち葉の美しさを楽しんでいます。
ここは、ウッドランドというエリア。
ブナ、コナラ、クヌギなどの里山の広葉樹たちも、葉をどんどこ落とし始めました。
集めた落ち葉は自社農場へ運び、腐葉土にしてからまたガーデンに還しています。

ねえ、広葉樹。
春から、いままで、たくさんの光合成をありがとう。
まぶしいほどの新緑をありがとう。
涼しい木陰をありがとう。
風に吹かれる優しい葉音も、あたたかい木漏れ日も。

ありがとう、ユリノキ。

ありがとう、オオヤマザクラ。

ありがとう、ハンカチノキ。

ありがとう、ピンオーク。

ありがとう、トウカエデ。

 

 

知っていることは楽しいこと。
オレンジ色の花を長く咲かせたアスクレピアスは、
鞘になって、それから割れて、輝く綿毛を飛ばすこと。

初秋から、星のようにたくさんの花を咲かせる名脇役のアスターは、
花後、切らずにじっくり待つと、
初冬に、咲いた花の数だけのふわふわができること。

植物の最初から最後まで知っていると、
楽しみが増えるなあと思います。

種を蒔く、育てる、植える、花が咲いて終わって、種ができる…。
人間が蒔いたもの。
それでも植物は自分の生命力を全部使って生きる。
その過程の中で、人間の心を深く癒してくれる。
だから、そのすべてを楽しみたい。そんなことを思います。

まあ、そんなことは植物にとってはどこ吹く風。
ただただ、太陽に向かって今年も生きた。

それでもたくさんのありがとうを伝えたいです。

さてさて、またKukkaの語りがはじまりましたよ…。

ガーデンの今期営業は終了いたしましたが、ガーデン駐車場併設のコスメショップは冬季も営業しております。
自分へ、そして大切な方へのプレゼントに。
どうぞおつかいくださいませ。

今年もラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンを愛してくださいまして誠にありがとうございました。
ガーデンの15歳の誕生年にご来園くださいまして、心から感謝申し上げます。





☺ガーデンの冬の様子や、冬仕事はガーデンオフィシャルのInstagram「lacasta.garden」でも配信しております。
こちらもチェックしてみてくださいませ。