こんにちは。
ここ最近はまた少し寒い日が続いていますが、なんとも暖かい冬でした。

さて今冬は、植物を使った「ものづくり」に焦点を当て、
農場スタッフは奮闘してくれました。

ミッション1、「ツルの籠を編む」
種蒔きや、仮植作業ばかりの毎日に、たまにはツル。
ツルを編みたい熱情に身を任せ、欲望のままツルを編んでもらいました。
ツルアイテムがどんどんできあがってきました。
もはや職人の域。
Kukkaも少し手伝いましたが、かなりの大仕事です。

アオツヅラフジ、クズ、ヤマブドウなどのつるを、収穫したらすぐに編み始めます。
収穫してから、日が経ってしまうと乾燥して、固く曲げにくくなってしまうので、時間勝負です。

ちょうどいい太さと長さを兼ね備えたツルは、なかなか無い…。

編み始めが肝心。

底が出来てきた。

丸みを帯びて籠っぽくなってきた。

じゃーん。

かなり大きな籠です。
こんな大きなツルの籠、売っていません。

この籠に、何を植えようか。
同僚が編んでくれた籠、とびきり素敵な植栽をしたいなと思っています。
どこに置こうか、何を植えようか、考えています。
農場の小屋の周りはツルまみれ。
人によっては、ただのゴミ。
でも、ある人にとっては、宝の山。
それって、素敵な事だな。


球体も。

お楽しみに!

さて、ミッション2、「ひょうたんライト」
昨年、種から育て収穫したひょうたん。
農場スタッフがドリルで穴を開け、水に漬け中身を腐らせて(人生で1位2位を争う悪臭らしい。)、乾燥させてくれました。
そして、今冬のミッション、加工です。
ラ・カスタのブランドマーク「芽吹きのマーク」を、ルーターで掘ってくれました。

ひょうたんはとにかく硬い!
ブランドマークは曲線が多いので難しいようです。
Kukkaも試してみましたが、すぐに心折れました…。

灯りをいれると、やさしく暖かい感じに。

ひょうたんライトも、どこかで灯す予定です。
こちらもお楽しみに!

さあ、ガーデンのオープンは4/18(土)。
あと1ヵ月ほどです。

あっという間に過ぎた冬。
でも、つるとひょうたんがそばにいてくれた冬。

植物の生命力を少しおすそ分けしてもらい、ものづくりしました。
ガーデンにいらっしゃる誰かの心にそっと触れることができたら、と思います。






春のガーデンでお待ちしております!

 

おまけ。
今日のチューリップ。

薔薇の新芽もがんばっています。