こんにちは。
にわか雨から、天気予報の「雨」に変わり始めました。
確かに秋の気配が混ざりこんでいます。
シーズンガーデンのケイトウは、ダリアを追い越してにょきにょき。
ボーダーガーデンのひまわりは、まだまだ夏気分のまま。

 

遅咲きのホスタ(ギボウシ)が、一斉に開花し美しいです。

このガーデンには多品種のホスタが植栽されています。

花茎が伸びるタイプ。

 

真っ白でかぐわしい香りの品種。

たくさんのホスタを見ることができます。
芽吹きの生命力、葉の逞しさやバラエティーなど、
どちらかと言うと、葉を楽しむ植物のイメージがありますが、花も素敵ですから、
日陰の植栽には、ホスタを断然おすすめします!

 

さて、夏の終わりから咲き始める宿根草たちのご紹介です。

クロコスミア・オーレア。
遅咲きのクロコスミアです。きれいなオレンジ色で、球根でよく増え丈夫です。

濃い紫色のロベリア(サワギキョウ)と赤い穂のペルシカリアの組み合わせ。

カルーナ・ヴルガリスの淡いピンクの花と、プンゲンス(コロラドトウヒ)の青みがかった葉っぱの色が、相性抜群。

アスクレピアスは初夏に咲き、そのあと切り戻すと、また夏の終わりにも同じくらいのボリュームで咲いてくれます。

せいたかのっぽのベルノニア・ギガンテアも咲き始めました。

サクシセラは大粒の雪のように静かに咲いています。

 

夏の終わりから咲く宿根草は貴重な存在です。
宿根草は初夏に咲くものが多いからです。

 

 

さて、短くて暑かった今年の夏。
今日も雨が、そんな夏を洗い流すかのように強く激しく降っていました。