こんにちは。
ようやく梅雨が明けました。
短いであろう夏が来ました。
スイカは一度しか食べていないし、ビールを飲みにも出かけてもいないので、
これから少しでも夏取り戻し活動をしたいと思います。

さてガーデンの植物たちは、急に訪れた夏本番に、少し戸惑いながらも
気丈に咲いています。
シーズンガーデンで咲く、エキナセア・プルプレア。

メドウガーデンのエキナセア‘グリーンジュエル’。

きれいなオレンジ色のクロコスミア。

白樺林のオニユリが見頃です。

ボーダーガーデンでは、いろいろなおしゃれヒマワリが咲いています。

ロックガーデンでは、パイナップルリリー(ユーコミス)がニョキニョキと愛らしい。

ハマナスの実が色づきはじめると、お盆がまた来ると思います。

 

さて、農場では製品に配合しているエキナセア・プルプレア。
エキスを採取ためにもうすぐ収穫するという事なので、その前に満開の姿を撮影しに行きました。

ガーデンで咲くエキナセアも綺麗だけれど、
やっぱり農場で山と自然をバックにして咲く姿は素晴らしいものです。

 

そして、農場ではガーデンの秋の装飾用に育てている植物たちがスクスク育っていました。
レッドスパイクアマランサス。

これもアマランサス。

この垂れ下がるアマランサスは、和名でヒモゲイトウと呼ばれます。

そして、楽しみにしていたあの子たちも出来ていました。
クラウンカボチャ。

おもしろいですよね。
花が咲く前からこんな形。
花が咲き受粉成功。花を落とし、大きくなります。
あれれ顔描かれちゃった。

成長過程の今のうちに、釘や鋏の先などで表面を傷つけると、カサブタのように盛り上がり、模様ができます。

ほかにもたくさんのおもちゃカボチャが収穫できそうです。
またご紹介するのでお楽しみに!

ガーデンでは、お客様休憩室のグリーンカーテンとして育てているひょうたんが、たくさん出来ています。
やはり鋏の先でいくつか絵を描いてしまいました。
まだまだ成長中ですので、模様がどんな感じなるのかこっそりした楽しみです。

この鳥が断然自信作。

お盆にこんな遊び心で、ご先祖様をクスリと笑わせてみてはいかがでしょうか。

さあ夏のガーデン、木陰で休憩しながらご覧くださいませ。
お待ちしております。



短い夏へ

梅雨が停滞していて、
なかなかお会いできませんでしたが、
お久しぶりです。
あなたに会うと、もうこれっきり会いたくないと思うのに、
あなたが去るとき、とてもとても淋しくなるのはなぜでしょう。
これはやはり好きだということなのでしょうか。

P.S. なるべく30℃を超えないようにお願いしたいです。

Kukkaより