こんにちは。

今年の梅雨はとても梅雨らしく、涼しくしっとりとした日が続いています。
たまには、晴れの日もお願いします、という気持ちです。

植物たちは薄曇りの中、凛として咲いています。

 

 

雨に似合う花。(あくまで主観)

アスチルベ。

 

コマツナギ。

アジサイ‘アナベル’。

カライトソウ。

キキョウ。

 

 

晴れを待つ花。(これまた主観)
エキナセア・パラドクサ。

エキナセア・シムラータ。

セントーレア・アメリカーナ‘アロハブランカ’。

ダリア‘マンゴー’。

ダリア‘シティオブジャパン’

ダリア‘ピノノワール’。

春薔薇が終わりを告げると、ダリアやユリの季節がやってきます。

 

スカシユリ‘ブラックチャーム’。

 

さて、ガーデナー力作のハンギングバスケットにもご注目。

いろいろな葉っぱの作品。

赤い花を効かせました。

食虫植物(ウツボカズラ)のハンギングバスケット。

華々しくはないけれど、夏はこんな感じも良いですね。

雨の後は、緑の香りがより深く感じられます。
ガーデンの門を入った途端、空気が変わります。

 

梅雨の隙間、お待ちしております。