こんにちは。
紅葉も日に日に深まり、すっきりした空気に包まれています。
ガーデナーは毎日、霜予報とのにらめっこ。
出来ればやりたくはない『霜よけ対策』。
朝の最低気温が5℃を下回り、晴れの予報だと、霜が降りるリスクが高くなります。(放射冷却というやつです。)
ラ・カスタのガーデンは、ガーデン営業最終日までお客様になるべくたくさんの花を見ていただくために、
「明日の朝、霜が降りそうだぞ。」という夕方に、『布かぶせ大作戦』を行います。
花壇を、大きな大きな不織布で覆うのです。

こんなふうに。  

この作業が、閉園まで何度か繰り返されます。
最終日まで、花色の残る景色を見ていただくのが、私達のガーデンの方針です。
一年草もたくさん植栽しているエリアがありますので、霜がダイレクトに降りると、
葉や花が溶けるように茶色くなってしまうのが難点。
宿根草ガーデンは、枯れ行く立ち姿もとても美しいのですが、一年草は寒さに弱いため、
美しく枯れることがなかなか出来ないのです。
なので、せっせせっせと霜よけです。
そんな努力の甲斐あって、毎年、冬期休業日の前日まで美しく保たれているのです。

ただ、霜よけにも限度がありますので、ハボタンへの植え替え作業も着々と進めています。
閉園日の水曜、大規模な植え替え作業を行いました。
ウォーターガーデン前の花壇は、マリーゴールド、ジニア、ケイトウなどの夏~秋の花々から、
大量のハボタンへ!

さあ、植え替えるぞ。

まだ、こんなに綺麗だけれど…、思い切って!

色鮮やかな一年草たちに別れを告げまして、(ありがとう、と感謝しながら抜きます。) ハボタンをひたすら配置し、植えます。 どんどこ植えます。
まだまだ植えます。

ハボタンもりもり。

ストック、白妙菊、アリッサムも植えて。

みっしりと植えたハボタンガーデンは、増す寒さと共に、色も深く美しく増し増し。

これからが、ハボタンの美しさが発揮される時期。

さて、今年のガーデナー達は遊び心を持って秋を楽しんでいました。  まだ、成長過程のカボチャに釘などでお絵かきをすると、その傷をカバーしようと、カボチャ自身がカサブタを作りながら大きくなります。
盛り上がって模様になるので、来年もお絵かきしようと企んでいます。
カゴと帽子はアケビの蔓で編みました。

自宅が山間にあるスタッフが、家の周りから、甲斐甲斐しくいろいろ収穫してきてくれます。
「早く飾ってみて」という目の圧がもの凄いので、早速デコレーションしてみました。
秋の実り、野山バージョンです。
(ガマズミ、ノブドウ、マメガキ、アオツヅラフジ、ツルウメモドキ、ヘクソカヅラなど)

 

お次は秋の実り、ラ カスタ ガーデンバージョン。 乾燥してシワシワになっていっても味が出そうです。
(ハマナスの実、バラの実、ヤマボウシの実、ヌバタマ、アロニアベリー、アスクレピアスの種、アガパンサスの種、ヤブランの実、サンキライの実、ヒペリカムの実、ハンノキの実など)

ただ並べるだけで、可愛くなりますね。
いろいろなバージョンを作りたくなってしまいます。
秋は、こんな楽しみもいいですよね。

 

さて、ガーデンは朝夕の寒さのスパイスも効いてとても美しい時。
今年のガーデン最終営業日は11/11(日)です。 サルビアたちは寒さに強い。

 リンドウも強い。

 がんばれ、ダリア!

 まだいけるぞ、コスモス!

 安心安全なスイスチャード。

 ケロちゃん限界。

秋空は高く青く澄んで…、

あ、飛行機だ!

晩秋のガーデンでお待ちしております。