こんにちは。

…暑い。
暑いー!!!
会社の日報を振り返って見てみると、外気温が連日35℃、37℃、36℃、35℃、36℃、35℃…。
そんな日々。
信州は涼しいなんて、大ウソです。
誰もかれも、口を開けば「暑い。」もう聞き飽きた「暑い。」のワード。
でも、それしか言うことがありません。

この地域でエアコンなんて必要ない、という説が覆された今年の夏。
同僚もついにエアコンを購入したと言っていました。

夜に窓を開けて眠ってしまうと寒くて眠れなかったはずなのに、
エアコンという文明の利器に頼らなければならないなんて、
悔しい、負けです。もう負けなのです。

同僚はサマーに負けたのです。

それでも、都会からいらっしゃるお客様は、「暑さの質が違う。信州はさらっとした暑さだね。」と言います。
「まだ、マシ。」だそうです。

ラ・カスタのシンボルフラワー、「エキナセア・プルプレア」はこの暑さでも元気いっぱい。

エキナセア‘グリーンツイスター’。

エキナセア‘グリーンジュエル’。

エキナセア・‘ダブルデッカー’。

今年はハマナスがすこぶる元気です。
昨年からKukkaがやたら可愛がっていたら、どんどん大きくなり、実もたくさん付けました。

ハマナスは、主に北海道沿岸、そして日本海側の海岸の砂地に自生する原種の薔薇です。
ラ・カスタガーデンでは、砂地に植えてはいませんが、今年は特にご機嫌な様子。
わたしはこういう野性的な薔薇の方が、性に合っているようです。

 

ひまわり、はじめました。

 

昨年からのわたしのお気に入り、ひまわり‘ムーランルージュ’。
まっしろけのフロックスやカサブランカの中で、ダンディズムに目立っています。

カサブランカは、甘い香りを漂わせています。

 

ボーダーガーデンでは、初夏から、リレーのようにいろいろな百合が咲きましたが、
アンカーはカサブランカ。
やっぱりアンカーは品格が違います。

 

シーズンガーデンは暑さの中でも花盛り。

 

しずかちゃんが、のび太君だかドラえもんだかにおねだりして、
「ハツメイカー※1」で作ってもらった、「オールシーズン花壇※2」。
(※1欲しい道具をこの機械に注文すると、作り方説明書と設計図が書かれた冊子が出てくる。これを元に、「材料箱」から材料を得て作成する。これを使えば大抵の道具は作れる。)
(※2いろいろな季節の花を、一年中いつでも見ることが出来る花壇。)

Kukkaはラ・カスタのシーズンガーデンを見ると、よくあの花壇を思い出します。
昔読んだ漫画の内容って頭の片隅に残っているものですね。
「しずかちゃんは、いいなあ。」と思ったものです。
大人になって手に入れたオールシーズン花壇。(わたしのものではないですけどね。)
あの頃知る由もなかった、たくさんの美しい花たちが咲き競っています。

いつでもお花がいっぱい。しずかちゃんもびっくり。

暑い日々ですが、なるべく快適に夏をお過ごしくださいね。

ガーデンも暑いですが、雪解け天然水を味わったり、木陰で休んだり、香りの体験工房でオリジナルのアロマアイテムを作ったり、と楽しめます。
お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

四次元ポケットには最悪ハツメイカーさえ入ってればいいね。